>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2010/02/10(Wed)
数日前に職場の机にタッチインバータを導入しました。↓


494063_l1inba-ta.jpg


うちに来られた方なら分かるかと思うんですが、
神経を落ち着かせるために照明を暗くしているんで、かなり暗いんですよね。

患者さんは落ち着けていいと思うんです。

ただ最近は時期的に申告の作業をしなくてはならないので、
事務作業の時間をどうしても作らなくてはならないんですが、
リラックスしすぎてすぐ眠くなってしまうという(笑

そこでこれを導入してみましたがやはりいいですね。
光がある明るい場所にいたほうが交感神経が活発になり、体や脳がシャキッと起き能率も良くなります。

もともと人間の体は、夜を迎えて目に入る光の量が少なくなると、脳の松果体から眠りの質を良くするメラトニンというホルモンが分泌されます。

これは、日中きちんと日の光を浴びることで、夜スムーズに分泌されるもの。

眠りが深くなると成長ホルモンもスムーズに分泌。成長ホルモンは子供だけでなく、大人にとっても若さを保つために大切です。

また、最近では神経伝達物質セロトニンも体の調子や、特に心の安定にも深く関わってきているといわれます。セロトニンも食べ物に加えて光の影響が関わってきます。

このようなことから日中は光のある場所で、夜寝る時が近づくにつれなるべく光のない環境にする、といったメリハリが大事です。

ただ一般家庭の照明環境で十分な明るさを出すのは難しいので、本当は昼間は日光を浴びたいところですけどね。

この辺りのメリハリも特に室内でお仕事をしている方はなかなか付けづらい所ではありますね。

そのために自律神経のバランスが崩れてきたりすると、体の不調に結びついたりする可能性は大いにあります。

理想は昼休みの時間とかに少し外に散歩に行ったりとかできるといいですね。

私もある程度空き時間できたら、店は閉めてぶらぶらと散歩に行っています。

こんなことができるのも予約制のいいところですね。

来ていただける患者さんからしたら、いつ来るかも分からない飛び込みの方を待つより、
私が健康でいることのほうがよっぽど大事だと思いますから(笑



神奈川県秦野市渋沢の整体・カイロプラクティックのすこやか整体院
スポンサーサイト
この記事のURL | 健康メモ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。