>
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近の来院者層
2006/12/19(Tue)
すこやか整体に屋号を変えてからは特に
来院者の層が違ってきている。
どういう感じに変わってきているかというと

「自分でできるケアを熱心に聴いてくる」
「自分の体に興味がある」
「自分の体を治したいと思いが強い」

方が増えてきている。
ただ、そういう思考パターン・行動を取る方は
なぜそうなっているかというと

「今の痛みから逃れられるのなら多少面倒なことでもやる」
「どこに行っても治らない」
「病院で、『もう治りません・薬で痛みをおさめるしかないです』と言われた」

などという状況にあることがほとんど。
つまり皆さん整体院に来られる方の中でも重症(苦笑)。

こういう方々を施術する。
確かに、普通に来られる方とは比べ物にならない。
現在持っている知識や技術を総動員し、
100%、いや120%の力を出し、二人三脚でやっていく。

最初の施術で今までにない変化があった。
じゃあ言われたセルフケアもやってみよう。
1回1回体が楽になっていく。
そして、つらい症状が取り除けた。
病院で見捨てられた症状が、よくなった。
ほとんどあきらめていた(させられていた)症状が、よくなった。

整体師冥利に尽きると言うか。
「あー、がんばってきて良かった。これからもがんばるぞ!」
と思えるのである。

逆に
『とりあえずもんでくれ』
『説明・セルフケアなんて興味ない』

という感じの方が、以前ほどではないのだが、今でもごくまれにこられる。
正直モチベーションは前者の方々に比べるとどうしても落ちます。
手抜きするとかいうわけでは決してないんですが。

ただ以前に比べれば、そういう意味では
自分のやり方・技術が活かせる店にだいぶ変わってきているな、と感じます。

長々とまとまりのない文になってしまいましたが、要は

重症の方・治したい方、大歓迎!

を言いたかったのです(*^^)
スポンサーサイト
この記事のURL | 整体 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やり方
2006/12/06(Wed)
今日のラストは外国人の方でした。
秦野のあたりでは普通に歩いていても、僕はなかなか外国人の方は見ません。
そのためここで外国人の方を施術するのもなんとたったの二人目。
しかも日本語がまったく通じない。こんなことは修行時代も含めて初めてです(汗
いや、全くではないですね。「イクラ?」ていうのと、痛い箇所を指差して「ココ」ということは言っていただけました(ーー;)

そのため問診は全くできないし、「仰向けに寝てください」とか「頭を上げてください」とか
全て通じない。僕も一応大学試験には受かっているんですが、いやー、受験英語はほとんど意味ないですね。忘れてるし。
全てジェスチャーで説明です。ボディーランゲージは世界の共通語です(笑)

それで体の状況はどうだというと、外国人の方も言葉が通じなくて、
困ってるんですね。
ということは、そんな困ってもいいから楽になりたいとも思っているわけで

かなりきてます(汗)。ガチガチです

こういう場合は、患者さんにも体を動かしてもらったりする方法をとることが多いんですが、
なんせ言葉が通じないですし、ジェスチャーで微妙な表現はちょっと難しい。
仕方ないのでそういう施術は抜きにしてやることに。
まあなんとか自分としては満足いくとこまでやれ、外国人の方も「ハイ。ダイジョウブ」と言ってもらえました(^^)

今日再確認したことが、一つの療法だけで何とかしようとすると、
やれることが制限されてしまうな、と。
僕は患者さんに合わせていくつかの療法を組み合わせて、施術をします。

ただ、以前は一つだけで何とかしようとしていたときもあったし、
この業界自体そういう考えがなんとなくあるんですね。
つまり、自分のとこのやり方が一番、他はやらなくていい、みたいな考えが。
僕もそう言われてやってきていたんで、以前はそう思っていた時もありましたが
実際他のやり方に触れてみると、それぞれみんないいところがあるんです。
全体として比較すると一長一短じゃないですけど、この症状にはこのやり方、こうしたいのであればこのやり方がいい、というものがあるんですよね。
それを使わない手はないだろう、と思って今では使えるものは取り入れていってます。

今のやり方のほうが僕の場合は結果が明らかに出ています。
やっぱなんだかんだ言ってどれほどの結果を出せるか、
来られた方に希望を持たせられるか、というのが一番だと思うんですよ。
患者さんは何より楽になりたくて、今の体をどうにかしてほしくて来ているわけですから。
そのための前段階として、親切なのか、きちんとみてくれるか、アフターフォローは?
というのが出てくるかと思うんですけど、それはもう当たり前の話かなと。
結果を出すためには、やり方がどうのいってる場合じゃないだろうと。
と、個人的には思います。
あくまで個人的にですから、他の方が違うことやってても、どうこうって話ではないですよ。一応(笑)
この記事のURL | 整体 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。